業者選定のポイント

全国にはたくさんの解体業者がありますが、残念ながら悪徳業者も存在します。
近隣とトラブルのない丁寧な解体を行えるのかどうか、
安全安心な作業をするためにどんなことに取り組んでいるのか等、
業者選びに失敗しないためのポイントを解説いたします。

1.見積り書の詳細な記載

お見積書に工事項目が明記されていますでしょうか?数量や各項目に対しての金額が記載されているかを確認して下さい。

解体業者の中には、「一式○○円」という一行のみの表記で、どこまでが見積もり範囲の工事なのか見分けがつきにくい業者も存在します。

そのような業者のすべてが悪徳業者というわけではありませんが、見積りが粗い業者はそれ以外の対応も細やかでない傾向にあります。

お見積もりを丁寧に記載している会社は、それに伴って解体工事も丁寧に作業する場合が多いです。

「一式●●円」表記になっていませんか?

2.許可証

安全に作業を行う業者は、法的に定められた許可証を保持しています。

解体工事を行うためには、都道府県知事の解体工事業登録か、建設業の許可(品目は、とび・土工工事業、土木工事業、建築工事業、のみ)が必要となります。

許可を持たずに不法に営業をする業者もありますので、担当者に「許可証を見せて下さい」と伝えましょう。中には、重要書類ということで提示を断る業者もあるかもしれませんが、その場合は都道府県に確認していただくと良いでしょう。

解体工事業登録、又は建設業の許可証を確認しよう!

3.廃棄物の処理方法

解体工事においては、その工事によって発生した産業廃棄物をどう処理するか、という点がとても重要なポイントになります。

通常は廃棄物処理場に持っていって処理しますが、その処理費用を惜しんで不正な方法で廃棄をしてしまうようなら依頼者の信用問題にもかかわってきます。

廃棄物をきちんと、法令に従って処理しているかどうか確認しましょう。

廃棄物をどこで処理しているのかを確認しよう!

4.保険の加入

解体工事には、必ず事故のリスクがあります。リスクに備えきちんと工事保険に加入している業者を選択することが大切です。

「どのような工事保険に加入されていますか?」とお聞き頂ければ、補償額等も確認できると思います。

工事保険に入っていない場合であれば、単発の保険に加入してもらうか、大規模な事故につながるリスクがない現場であることを自分でも納得した上で、工事を進めていただくと良いでしょう。

「どのような工事保健に加入されていますか?」と聞いてみよう!

5.過去の違反経歴

悪徳な解体業者は、不法投棄や建設業法上の違反を過去にしている可能性があります。

インターネットでそのようなニュースが出ていないかを確認すると共に、都道府県にも行政処分や公共工事の指名停止履歴がないかを確認していただくと良いでしょう。

過去の違反経歴がないか確認してみよう!

6.契約書作成の順守

建物の解体工事を行う際には、契約書を交わさなければいけないことが建設業法上で決められています。

悪徳業者は、契約をせずに解体をしようとすることがありますが、法律違反ですのでそのような業者は気を付けてください。

トラブル防止のために契約書を交わしてから作業してもらってください。

契約書を交わしてから解体作業を始めましょう!

7.実際の作業員

現場監督だけ社員で他は全てアルバイトという場合もあります。

お願いした会社が、どんなによい仕事をしようとしていても、最終的に実際に現場で作業する現場スタッフの質が伴っていなければ、台無しです。

そういったことを避けるためのひとつの方法として、現場スタッフにアルバイトがいるかいないか確認する、という方法があります。スタッフの大半をアルバイトが占めてしまうような会社は避けるのが得策です。そういった会社は人件費が抑えられるので、単価としては安い金額を提示してくるかもしれませんが、その結果、それ以上の支払いが発生してしまう可能性も否定できません。

また、外国人スタッフばかりが作業する場合もあります。知識や経験はあるかもしれませんが、言葉が通じないと意思疎通が出来ませんし、ちょっとしたミスに繋がります。もし可能ならば日本人スタッフの会社にお願いしましょう。

 

現場にアルバイトがいるか確認しよう!

8.近隣への対応

工事といえば、切り離せないのが近隣対策です。

近隣対策を怠れば、騒音・振動、そしてホコリ・チリなどの排出など、油断するととてつもなく大きな問題としてのしかかる可能性があります。

そこで、業者がどのように近隣への対応を行うのか、あらかじめ聞いておく必要があります。よい業者を見分けるポイントとして、そういった業者はまず事前の近隣への対応をしっかりと行うということが見られます。そしてアフターフォローもしっかりするので、作業終了後にまで問題を引きずりません。

 

事前、事後の近隣への対応があるかどうか確認しよう!