カテゴリー別アーカイブ:  か行

重機解体

重機を使って解体する作業のことをいいます。

解体に使われる重機には、主に次のような物があります。
「油圧ショベル」

油圧によって作動する掘削機です。アームの先に付いたバケットで土砂の掘削や運搬を行います。アームの先端のバケットは、付け替え可能です。

 

「ブレーカー」

おもにコンクリート構造物の破壊や、道路工事の岩盤破砕・溝堀などに使用します。

 

「グラップル」

林業や木造家屋の解体で使われる、ものをつかむためのアタッチメントで、大きなくちばしのような形をしています。ハサミで小さくして鉄筋などと分別するように使われます。

解体作業に重機を入れる事で、効率良く、人力よりも費用も安くできる重機解体ですが、いくつかのデメリットがあります。

まず、重機でスピードのある作業をすることにより、ホコリが出やすく、騒音や振動の被害も出やす

くなります。騒音については特に苦情になりやすく、防音シート、防音パネルを設置するのは必須

です。騒音の規制基準は、各自治体によって定められています。

 

また、付近の建物や塀、フェンスを傷つけてしまったり、狭い敷地で重機同士が衝突してしまう事

故もあります。とくにガスや電気、目線より高い位置にある電線には注意が必要で、安全管理を徹

底させる必要があります。