手壊し

Share on Facebook
LINEで送る

一般的な解体作業は重機などを使い行われるものですが、それとは逆に手作業のみで建物を解

体していく方法を手壊しと呼びます。

 

重機などの機械作業はどうしても騒音や振動が発生してしまい隣家とのトラブルに発展してしまう

ことも考えられます。

そういったトラブルを抑える効果や解体後の廃材の分別が容易にできやすいというメリットがありま

す。

 

また、解体作業時は必ずしも重機の入るスペースや十分に作業できるスペースが確保できるとい

う訳ではありません。

隣家との関係や特に地面の高低差があるような場所では重機が入っていくことすら難しいという場

面は出てきます。

そういったときには重機ではなく人力に頼ることとなるのですが、どうしても機械作業より工期がか

かってしまったり、工事費も高めになってしまったりすることが考えられます。

そのため、重機と人力を組み合わせた重機併用手壊し工法という方式も採用されます。

始めは重機の入るスペースがなかったような場所でも、手壊しすることにより重機による十分な作

業スペースが確保できることもあります。

人力でしか解体作業できないところは手壊しで、それ以外のところは重機を使うことによって手壊

しのみで作業することに比べ工事期間を短縮させたり、費用を抑えたりすることができます。