セットバック

Share on Facebook
LINEで送る

建築基準法第42条第2項により道路であるとみなされた幅が4m未満の道(2項道路)に面する土

地では、その道路の中心線から2mの範囲内には建物を建築することができないため、道路の中

心から一定距離後退させた境界線の外側に建築しなければなりません。

このことをセットバックと言います。

 

通常は2mなのですが、道路の片側が川や崖などに面している場合は崖と道路との境界線から

4m離れていなければ建築できないことになります。

これは消防車や救急車などの緊急車両が停車できるスペースの確保、またスムーズな業務がで

きるようにとの配慮のためです。

セットバックした部分は道路とみなされるため、敷地面積には含まれません。

当然建物の建築はもちろん、個人の敷地として門や塀の建築、庭や花壇目的での活用も認めら

れません。

 

そもそも現行の建築基準法では4m以上の道路に面した敷地でないと建物が建てられません。

その救済措置として前述の2項道路の規定ができました。

その規定ができる以前から建てられた建物は道路との境界線の範囲内だとしても直ちに撤

去または後退させる必要はありませんが、改築や増築をする場合には道路部分に引っかかる建

物を撤去する計画をしなければ建築許可を得ることはできません。